麃公 人物紹介④ ただのど阿呆じゃ 合従軍編

15min 

アニメ観るなら<U-NEXT>

キングダム新コミックも600円分無料で読める


U-NEXTなら無料トライアル登録時にもらえる600ポイントで新刊が無料で読めます!

麃公 人物紹介 名シーン・名セリフ集 合従軍編

策略の匂い

首都咸陽に合従軍が秦国に侵攻していることが判明し、

昌平君が最も侵攻している魏国を止めることが火急を要すると・・・

独断で動いた軍が魏国軍と雷原で戦っている報告が入り、

その軍はあの将軍が率いていると・・・

あの将軍=麃公将軍です‼

でたらめな強さの単純突破で本陣を狙う麃公軍。

それを迎え撃つ魏国軍総大将はあの将軍=呉慶の息子呉鳳明

魏軍武将朱比がでたらめな単純突破で本陣を狙う秦軍を小ばかにするが、

呉鳳明は父呉慶を討った麃公を侮るなと警戒。

そこへ飛信隊も魏国戦に参戦したことで、

魏国本陣は警戒態勢を強める考えを呉鳳明に進言するが、呉鳳明は

・・・いやそれよりも、もっと面白いことをやろう

とほほ笑み、魏軍本陣がこれまでとは違う動きを始めた・・・

それを見た麃公は『・・・・・・』本能を昂らせ直感で読みとる

そして野生の本能ともいえるスピードで麃公らしい名ゼリフ・判断を下す

『全軍止まれェィ‼これより先は臭くてかなわん、引き返すぞ』

ときっぱり退却を決断し、本陣の援護に戻った。

呉鳳明は初めて実戦導入した流動力術の策略が読まれた?

まさかそれはないか・・・とつぶやきます。

麃公は流動の仕組みは読み切ろうともせず、

これ以上進むことは危険ということを嗅覚で感じ取った。

その夜麃公が信に

オオ待たせたな。昼間は助かったぞ。若き千人将よ

と会いに来た。

そして、秦国が直面している状況の確認と、

これだけの規模の侵攻は経験がなく、

秦国は亡国の危機にあると語り、

秦国が亡びるか否かは咸陽本営の対応次第だが、

時間を稼ぐ必要があることを説明。

しばし儂の戦いに付きあえ千人将。

ここでこの兵力で義兵の足止めをはかるぞ。

それが今は前線の漢たちの役目じゃァ

と覚悟を決めるにふさわしい名ゼリフで締めた。

 

函谷関攻防戦

函谷関攻防戦開戦の口火をどの国が切ったか、

面子にこだわる楚王のため、李牧は楚国にその役目を譲り、

汗明にその役目を任せた。

汗明は見せ場とばかりに張り切って口火を切るが・・・・これが長い💧

ようやく最後の『全軍』残りは最後一言まで来たときに・・・・

しびれを切らした麃公が抜け駆けの名言

『突撃じゃあ』

麃公さんやってしまいました(笑)

出し抜かれ顔に泥を塗られるかたちとなった汗明。

オルドも爆笑します(笑)。しかしもうあとの祭りです・・・・

本能型VS本能型

函谷関攻防戦麃公と対するは李牧が全幅の信頼し最も恐れる、

❝沈黙の狩人❞趙軍副将慶舎本能型の武将

麃公軍の攻めに対し、

本陣には李白軍が思いの外苦戦しているとの知らせも入るが、

下手に動けば相手の思うつぼと判断。

やみくもに攻めていると見せて、

火の付け所をつくろうとしていることも慶舎は読み切っており

その爪がひっかるところをつくらせぬという表現で 麃公をいなし続け、

そうすることで 麃公は焦りを見せるだろうと・・・

慶舎の思惑通り『何か変じゃのォ この戦場には 

❝臭い❞がないぞ』と独特のセリフで違和感を表現。

 麃公の動きを見て、慶舎がここが頃合いと

右翼公孫龍軍を10歩前進させ誘います。

罠の匂いはするが、慶舎の誘いに麃公が動いてしまう。

その隙を見逃すはずはない慶舎が 疲弊した麃公軍の背中を万極軍に追わせる‼

絶体絶命と思われたが、信がこれまた野生の勘で逆走し、

万国軍の前に立ちはだかり、疲弊した 麃公軍に檄を飛ばし、

隊の士気を鼓舞。窮地と思われた後背を一気に反撃の場に変貌させた。

第三の本能型武将の登場シーンです‼

後方での信のおこした大炎を見た 麃公は心の中で名ゼリフを呟きます。

子童がまんまと大炎を巻き起こしよったわ。

しかしあの場に現れるとはよほど素早く行動に出おったな。

直感で動いたか。ムハハ何じゃ貴様もこっち側か。

童信よ 己で気づいておるまいが 

貴様 本能型の武将の才が目覚めてきておるぞ。

しかし王騎の鉾を受け取った男が本能型とは笑えるわィ。

後方の様子を見た 麃公兵が我々も後方へ?と 麃公に聞きますが

戦場が大きく動き揺らいでおる、

この今 わしの獲物は奥で縮こまっておる

敵将(慶舎)に決まっておろうが』と誤算ではあったが、

自身の直感で方向転換したことで、慶舎の罠にはまった。

しかし童信の本能型武将への覚醒開始で

一気に麃公軍後方で大炎がおこり、

後方の心配はなくなった今、敵将の首のみに集中できると‼

李牧は本能型VS本能型で慶舎に分があると考えていましたが、

もう一人盤上に本能型武将が現れ、状況が大きく変化した。

最後に『久しぶりじゃのぉ 同類との戦いは』

 と麃公も敵将が本能型であることを確信します。

勝利の美酒

合従軍との戦いの最中、ある夜の宴で信が酔った勢いで、

今まで思っていたが聞きづらいことを麃公に聞きます。

このシーンについては

麃公 人物紹介①勝利の美酒が飲めれば満足

で詳しくは読んでみてください‼

私も大好きなシーンで、麃公の純粋さ、かっこよさが詰まっています‼

『何で将軍は六大将軍に入れなかったんですか?』

 

答えは単純明快それに興味がなかったから・・・

『実際 昭王からは幾度も咸陽へ呼ばれたが儂はすべて無視したわ

儂には六将のような華やかな光も夢も必要なかった。

儂はただ戦場で戦い勝利し、その夜うまい酒を飲めれば 

それで満足じゃったからのォ』

万極を葬った後の宴席でも同じことを言っていました。

夜は勝利の美酒に酔いしれる。それが戦人の醍醐味じゃア

 

こんなシーンも取り上げるべきか悩みましたが・・・一応記憶に残るセリフです💧

宴席の掛け声『となーりーのじじーいーの金ー玉ーはー』(笑)

メロディーは全く浮かびませんけどね・・・

戦場に生れ落ち、戦場が家であり、戦いが生きることであった。

ただ六大将軍とは歩む道が違ったということ

『道違えど漢なら強者同士ひかれ合うのは当然であろうがァ

たまに飲む奴ら(六大将軍)と飲む酒は格別にうまかったのォ』

だから信が

『天下の大将軍になった暁には六将と飲んだ酒よりずっとうまい酒をっ』

・・・と言い放った時には

『六将との酒よりうまい酒ときたか、それはちと楽しみじゃのォ』とつぶやいたのですが・・・
残念ながらその酒は飲めないままになってしまいます。

created by Rinker
¥1,078 (2021/09/18 04:45:05時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,200 (2021/09/18 04:45:05時点 楽天市場調べ-詳細)

⇑『勝利の美酒』の記事なので、やっぱりこのお酒を紹介⇑

麃公の最後

遡ること函谷関攻防戦16日目、

麃公だけは、野生の勘とも言うべき趙軍の移動する砂煙だけをみて、

李牧の不穏な動きを見逃さず

信と共に合従軍別動隊に何とか追いつき、趙軍を追撃。

李牧もすぐに知略の極み❝流動❞を発動し対抗。

信達は流動によりバラバラに隊を分断され、

李牧に近づくことが出来ないが・・・・

『なかなか楽しい濁流であったぞ‼』の名言通り、

李牧は本能型最高峰と考えていた慶舎ですら、

一度も破ることのできなかった流動を

麃公はたった一回で破ってしまったのです。

李牧はいままでたった一度たりとも攻略されたことのない❝流動❞を、

討ち破った麃公に本能型の極みと称し敬服するも、落ち着き払った様子。

それもそのはず最強・最悪のカード趙軍三大天龐煖を帯同させていた‼

麃公はすぐに龐煖が武将の類ではなく、

武の塊であることに気付き、王騎の様な天才が負けた理由も察した。

そして李牧の最後の刃と一騎打ちで戦うことを決意。

もはや全身全霊の力を攻撃に注がねば太刀打ちできないことも悟り、

盾も捨て鉾を握りしめた。

麃公は火のつけ所を探るべく、

王騎は矢が刺さっていなければ龐煖に勝っていたことを持ち出した。

僅かに動揺した龐煖に勝てなかった王騎の幻影を追ってきたかと問い、

龐煖は戦場に来た理由は王騎の力が何だったのか知るために来たと答える。

麃公は龐煖に対して、重要なセリフ

己の中の大いなる矛盾に気付かず一人もだえておる、

ただのド阿呆じゃ。』とののしります。

 

李牧も本質をついていると・・・ 

この短き間に見抜くとは何たる洞察力・・・・

更に麃公は王騎の強さの根源『たしかにその答えは戦場にあるぞォ

と動揺した龐煖に強烈な一撃を浴びせます。

それを見た麃公兵は呉慶の時と同じく、

龐煖を知ろうとする時間が終わったと、

ここから麃公の鉾の力が上がることを確信し、

一気に士気が上がります。

それを見た李牧は麃公は侮れぬと、麃公兵の殲滅を指示。

種火すら起こさせぬと・・・

麃公は岳牙副長が討ち取られるところも咸陽防衛の尊い犠牲とばかりに互いに笑った。

そして麃公は『先に行って待っておれィ こ奴の首を手土産にすぐに行くぞィ』

と見送り、李牧本陣には麃公将軍たった一人となった・・・

そこへ信が麃公を助けようと本陣に近づこうとするが・・・・

麃公は『前進じゃア ここは貴様の火を燃やし尽くすところに非ず 咸陽へ行け 童信』

最期のメッセージとして盾を信めがけて投げつけました。

信は王騎の鉾に次いで、麃公の盾まで授かります。

この盾へ込められたメッセージは

 

①盾=守る⇒咸陽を守れ。ここは勝利の為の尊い犠牲の場所ではない。

無駄死にするな。

②自身にはもう盾は必要ない。は覚悟しているが、生を諦めた訳ではない。

最後は趙軍に一太刀浴びせ進軍を遅らせてやる。

③次の世代はお前に任せた。本能型の後継者指名。

死力を尽くして秦国を守れ。

そしてとうとう龐煖の圧倒的な武の前に決着がつく時が訪れます・・・

麃公は片腕をおとしてなお将として最後の最後までどうやって敵を葬るかしか考えず、龐煖の首は取れないまでも、腕一本手土産にへし折っていきますが・・・・

最期はかっこよく

『童 信 火を絶やすでないぞォ』

と言い残し龐煖の鉾に倒れました。

この言葉には、敵味方を問わず様々な人の思いを双肩に宿すからこそ人は強くなれる、それがこの戦場にはあり、つむがれていく。つむがれた火を絶やすでないぞォというメッセージが込められています。死んでいった者たちの魂は、勝利でしか報いることができない故、勝利の美酒で見送れるようあとは頼んだ、お前が新しい時代をつくっていけと‼


だから蕞決戦において龐煖と信との対決の時、麃公の盾を馬に携えて登場した時は、麃公将軍の思いもしょって信が戦っていると・・・・興奮したのを覚えています。

桓騎大活躍の20巻

キングダム (20) 原泰久
created by Rinker

桓騎の初登場は単行本19巻。

戦の天才と恐れられた桓騎の強さがわかるのが20巻。

U-NEXTならお試し登録で、無料でキングダム20巻を読むことができます。

桓騎のことをもっと詳しく知りたい方は、以下のリンクから20巻を無料で読みましょう!

無料でキングダムを読む!

U-NEXTならお試し登録時にもらえる600ポイントで新刊が無料で読めます!

お試し登録すれば、アニメキングダム第三シリーズも31日間見放題!

シリーズ史上最大規模の合従軍との戦いを見たい方は、以下のリンクから⇓

まずは無料トライアル<U-NEXT>

↓無料キャンペーン開催中に是非チェック↓

U-NEXTの解約は、いつでも手続き可能です。

無料トライアル期間中の解約の場合、月額料金は発生しませんのでご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です