王騎 人物紹介⑦ 共に中華を目指しましょう大王

8min 

アニメ観るなら<U-NEXT>

キングダム新コミックも600円分無料で読める

王騎 人物紹介 共に中華を目指しましょう大王

秦国総大将任命

紀元前244年2月呂不韋の号令の元、秦国より20万の軍勢で隣国韓侵攻直後、趙国が12万もの兵をもって秦国馬陽に侵攻。

秦国が馬陽を失えば、趙国の秦国への内部侵攻は避けられない。趙国は、過去に白起将軍が主導した、長平の大虐殺(40万を生き埋め)の遺恨があり、周辺地域を失うだけでなく、趙兵に蹂躙されることは間違いない・・・・

嬴政王は緊急徴兵令を下し、10万の兵を立ち上げるように指示。

翌日には馬陽の手前馬央の陥落と周辺の惨状が嬴政王に伝わった。

軍議では対趙国総大将に蒙武を推す考えで決定寸前・・・

昌文君が異議を唱える・・・

蒙武の戦い方は、攻に偏りすぎており、守に欠ける戦いは大敗のおそれがあり、亡国の危機にある大事な戦を任すには力不足と指摘。

呂不韋からは攻守を兼ね備えた将軍が国内に居るのかとの問いに

昌文君『秦国最強の武将が一人』いると

そこへ王騎将軍登場‼

不満そうな信も何故か一緒に・・・

不満そうな理由は⇩下の通りです!

崖から突き落とされてから、ようやく修行の地を平定して、いざ王騎将軍からの直接指導!となるはずが・・・

突然後回しにされました。

そして状況のつかめないまま、何故か軍議に参加・・・・💧

蒙武は王騎将軍に何をしに来たと?

王騎将軍はここに来るように呼ばれてきたんですが、

『ンフフフこれは異なことを』と返します。

蒙武は誰が何の為に呼んだ?と問います。

昌平君『秦国総大将』を引き受けて頂くためだと即答。

呂不韋が昌平君に候補者が二人いるがの質問にも

一切の迷いなく『もちろん王騎将軍です』と即答。

顔を潰される形となった蒙武が詰め寄りますが全く相手にせず。

それでは軍議再開というときに・・・・

王騎が『それでは皆さんにも一旦退出して頂きましょうか』と切り出す!

王騎将軍『大王様と二人きりで任命式を行わなければ、秦軍を率いることはありませんよォ』

王騎将軍は何か二人きりで話すべきことがあるということですね。

嬴政王からもわかりやすい人払いを行い、何か話すことがあったのでは?と問われ王騎将軍が切り出します。

嬴政王『・・・・・・別に何もない。王らしいことはまだ何一つできていない。』

王騎将軍『もう少し時間がかかりそうですねンフフフフ』

今度は嬴政王から『俺はお前に昭王の死を受け入れよと言ったが・・・秦軍を率いるということはもう吹っ切れたということか?』

王騎将軍『さあどうでしょう・・・・・』

嬴政王・王騎将軍もまだ先が見えないトンネルの中を歩いている途中という3年間を振り返りました。

王騎が昭王の偉大さを語り始めます。

嬴政王も『十分理解している』と

続けて王騎将軍は嬴政王が昭王の姿を直接見ていれば今とは少し違った状態であったかもしれないと、タラレバの話をした為、しびれを切らした嬴政王が言います。

王騎将軍『実は秦軍総大将を受け出陣する前にあたり、大王にお伝えしなければならないことを思い出したのです。昭王より承っていた大王への伝言です』

嬴政王驚きを隠せません。

中華統一を共に目指す

ここからは王騎の死後に王騎から昭王の遺言の内容を嬴政王が語ったシーンです。

『戦には慈悲は無用なれど、奪い取った地の民は奴隷に非らず、虐げることなく自国の民として、同様に愛を注ぐこと。以上が昭王から承った現秦王への遺言です。』

嬴政王『感謝する王騎。今の話は父王より教わっていなかった』

王騎将軍『教わってないのは当然です。私はこの遺言を先王に伝えておりませんので』

嬴政王『?・・・・』どういうこと?

王騎将軍『遺言は昭王の遺志を継ぐ資質のある秦王にのみ残されたものです。』

王騎将軍は嬴政王が昭王の果たせなかった偉業を受け継ぐに値する資質を持った秦王であること認めたということです。

そして王騎は言います。

王騎将軍『共に中華を目指しましょう大王』

このシーンは読者も私も大いに感情移入した名シーンです。ここは泣けます。

王騎が馬陽戦の総大将を引き受けたのは、龐煖が趙国総大将で出陣し、摎の敵を討つため、馬陽は譲れぬとの決意で総大将を引き受けたとばかり考えていた昌文君・・・・。

王騎の死後嬴政王から初めて明かされた二人だけの秦国総大将任命式で、王騎は嬴政王が昭王亡き後の後継者たる王の資質があることを認め、『共に中華を目指しましょう大王』という決意であった。

最終的には昌文君と目指すところまで同じであったことを知り号泣する。

王騎の気持ちとしては『あなた(昌文君)と目指すところが同じなんて恥ずかしくて言えませんよコココココ』と生きていたら言いそうに思います。

戦場に行く前夜にそのようなことは一言も言わなかった王騎であるが、心は一つであったのです。

嬴政王もやっと昭王亡き後の秦王たる資質があると認められ、共に中華統一を誓った王騎を失うとは・・・・

そして秦国にとっても、最後の六大将軍王騎を失い、新しい時代に入ることとなった。

 

桓騎大活躍の20巻

キングダム (20) 原泰久
created by Rinker

桓騎の初登場は単行本19巻。

戦の天才と恐れられた桓騎の強さがわかるのが20巻。

U-NEXTならお試し登録で、無料でキングダム20巻を読むことができます。

桓騎のことをもっと詳しく知りたい方は、以下のリンクから20巻を無料で読みましょう!

無料でキングダムを読む!

U-NEXTならお試し登録時にもらえる600ポイントで新刊が無料で読めます!

お試し登録すれば、アニメキングダム第三シリーズも31日間見放題!

シリーズ史上最大規模の合従軍との戦いを見たい方は、以下のリンクから⇓

まずは無料トライアル<U-NEXT>

↓無料キャンペーン開催中に是非チェック↓

U-NEXTの解約は、いつでも手続き可能です。

無料トライアル期間中の解約の場合、月額料金は発生しませんのでご安心ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です