キングダム ネタバレ 最新話速報【第684話】奇襲の別働隊

13min 

683話速報・レビュー・684話予想を読んでからにする方は下記クリック下さい‼

キングダム ネタバレ 最新話速報【第683話】バカ親子

キングダム ネタバレ【第683話 バカ親子】レビュー考察

キングダム ネタバレ予想【684話】竜布は禁断のスイッチを押した

三日はかかるぞ

◆影丘の崖上、苦戦する飛信隊の元へ颯爽と現われた亜花錦隊。遡ること数日前ーー。

何やら玉鳳隊作戦会議の回想シーンからのスタート。

番陽『別働隊を⁉

王賁『ああ』

亜花錦『・・・・・・上(崖上)で挟撃を?』

王賁『その通りだ』

亜花錦『面白い、だがこの地はそれを許さぬ

故にあの断崖を攻めている

それをあえてやれと言うのなら・・・・・・

早くても三日はかかるぞ

番陽『えっ みっ三日⁉』

王賁『俺もそう思う』

亜花錦『分かった では三日後に上で会うぞ 若君』

王賁『ああ 必ず来い』

亜花錦『ギャギャギャ 若こそだ』

原泰久『キングダム』第684話から引用

◆ギャギャギャ。若君、くれぐれもこの“貸し”はお忘れなくーーー。

さてさてどこから登る?

原泰久『キングダム』第684話から引用

 

亜花錦隊モブ騎兵『・・・・・・ここから入って

・・・敵陣の右に出るのですか?』

 

亜花錦『そうだ

 

亜花錦隊モブ騎兵『途中でもっと入りやすい場所がありましたが』

 

亜花錦『近すぎる 敵もバカではない

見張りを大勢放っている

ここから行ってこその奇襲也』

 

亜花錦隊モブ騎兵『し・・・しかし

ここは馬は無理です

 

亜花錦『ギャギャ だが三日後に

敵本陣を攪乱するには騎兵がよい

多少死んでもいいように馬は多めに連れてきた』

 

亜花錦隊モブ騎兵『・・・なるほど』

趙軍にバレない様に、随分と迂回しての山登り・・・

実際登ってみると急斜面を馬にまたがり登れる道もあれば

下馬して馬を引きながら一寸先は闇の崖を登ったり

道なき道をかき分け、時には90度近い急斜面を

騎兵4人がかりで馬を引き上げたりもしたが・・・

4人がかりでも馬を引き上げられず、失うことも・・・

原泰久『キングダム』第684話から引用

 

そんな状況に対して亜花錦はというと・・・

どこ吹く風とばかりに自生する果物を頬張る💦

 

亜花錦隊モブ騎兵『隊長 馬引き上げ終わりました』

 

亜花錦『ん(果物あげるとモブ兵にプレゼント)』

 

亜花錦隊モブ騎兵『しかし九頭失い すでに夕方に

 

亜花錦『ああ だから三日かかると言ったろーー

翌日もその翌日も険しい道のりは続くが亜花錦は進む。

そしてようやく森のなか亜花錦は皆に止まれの指示。

そして静かに待機を命じた。

原泰久『キングダム』第684話から引用

 

亜花錦隊モブ騎兵『(隊長こっちです)』

 

亜花錦『(着いたか)』

 

亜花錦隊モブ騎兵『(はい ドンピシャです

しかし玉鳳本体が敗れてしまっています

崖の攻略に失敗したようです

ここからでは若君の所在すらもわかりません)』

亜花錦『・・・・・・』

玉鳳隊の燦燦たる状況を見つめる亜花錦達。

挟撃は失敗したと思われたが・・・

亜花錦隊モブ騎兵『(別働隊の策は失敗です

どうしますか? 我々だけで目前の崖上の敵に

突撃しても敵陣は落とせません

かと言って ここに潜んでいても無意味

この三日がムダになりますが・・・

降り口を見つけて下で生き残っている玉鳳を助けに行きましょう)』

戦況を見つめる亜花錦・・・・

次の一手の指示を仰ごうとする騎兵たちに対して

亜花錦『(待て 何か来る)

遠くの斜面上に援軍の旗印が・・・

亜花錦『ギギ (飛信隊だ!)

そう、亜花錦は飛信隊の到着と時を同じくして敵陣左端に到着し、飛信隊が攻めあがるのを待っていた。

それすなわち、瀕死の玉鳳を助けるは不可と考え、飛信隊に賭けたのだ。

クズ?いや天才?

原泰久『キングダム』第684話から引用

 

番陽『亜花錦・・・あ奴 

右上に到着しておったのだ・・・

そして飛信隊が挟撃する機会を待っていたのだ・・・

あ奴 賁様をはじめ

我々が全滅しようとしておったのに・・・

河了貂『・・・・・・亜花錦・・・

あの目つきの怖い部隊長か

でも王賁が死にそうなのを無視して

待機していたのなら

信用できない男か・・・

もしくは戦術理解が深い天才のどちらかだ

多分亜花錦は後者であると思われますが💧

そんなことお構いなしに・・・

原泰久『キングダム』第684話から引用

 

亜花錦『じゃんじゃん殺せ

特に端は飾りの配置だ

弱兵ばかりだぞ

 

士気が上がる鬼才・天才、亜花錦隊‼

慌てるお地蔵さん本陣

原泰久『キングダム』第684話から引用

 

岳白公本陣に左端より敵襲により、情報が錯綜する。

岳白公側近『数は⁉』

趙軍伝令『不明です』

岳白公軍師『・・・・・・

玉鳳が放っていた別働隊か

だとしたら厄介だ

やり手だぞ 中央から左の軍を差し向けろ

本陣に近づけるな

挟撃の形となる前に葬るのだ

包囲の陣だ

河了貂『あっ趙軍本体の左が動いた

早くも左側が全力で別働隊を討つ気だ

岳伯公本陣歩兵がすごい数で迫ってくるのを見た亜花錦騎兵たちはやべーよやべーよ💧

しかし天才は達観していた‼

亜花錦『ギギ 苦労して

お馬さまを連れて来てよかったなー』

ついて来い』

原泰久『キングダム』第684話から引用

 

ここで亜花錦はすぐさま趙軍本隊の奥にあった森林に向かって走った。騎馬の機動力で趙兵団の包囲の足を一気に引き離した。

相乗効果

亜花錦隊の戦い方を見て

河了貂『(亜花錦)賢い!奥の森に逃げ込んだんだ

番陽『はっ早くも逃げた⁉あ奴』

河了貂『いや それでいいんだ

趙軍の左端を粉砕したあの別働隊は

まぎれもなく敵の脅威だ。

それが左に存在し続けることが重要なんだ。

亜花錦隊が健在であるかぎり

趙軍の左軍はそっちから注意を離せない

そうすれば今度は 趙軍の右手にいる・・・

原泰久『キングダム』第684話から引用

 

信達が加速する!』

羌礼『何じゃ 急に勢いづいたな 何事じゃ』

田永『ガハハ さァな

奥の陣がさっきより薄くなってるか?』

羌礼『おーーたしかにずっと奥が

何かザワザワしておる』

田永『んじゃそのせいだろ

何しろやっと調子が上がって来やがった』

羌礼『いや向こうが下がったんじゃろ』

田永『うるせェ 一緒だ

 

飛信隊本陣でも戦況を見た

番陽『河了貂 隊長達が再び突撃を

なんじゃあの勢いは趙軍本陣に・・・

迫るぞこれは・・・・・・

河了貂『よし いっ いける

趙将は・・・完全に油断して

あんな崖際に本陣を置いた。

後ろの森に逃げ込もうにも亜花錦隊がいて

下に行けば羌瘣隊がいる

原泰久『キングダム』第684話から引用

 

影丘の地形が裏目に出たんだ

これで一気に・・・』

岳白公に迫る飛信隊信‼

そこへ群がる趙軍騎兵。

趙軍モブ兵『こいつ(信)が敵将だ 飛信隊信 止めろ 殺せ

羌礼『隊長が止められたぞ』

田永『いつものことだ

その分俺達が抜けて行く

本陣はもうこの歩兵達を抜けば・・・・・・』

とその時・・・

原泰久『キングダム』第684話から引用

 

岳白公『どきなさい』ボス登場‼

◆大巨漢 左翼将自ら味方をかき分け敵を招き入れた‼

次号、趙将・岳白公、参るで終了。

番陽さんやっぱり立腹するところが

お年を召した方の着眼点に見えます(笑)

河了貂もそろそろ解説はよいので・・・

created by Rinker
¥409 (2021/07/26 04:14:31時点 楽天市場調べ-詳細)

仕事しようぜ💧もう仕事なさそうですが・・・

お頭、そろそろ・・・暴れますか⁉

created by Rinker
¥409 (2021/07/25 10:56:40時点 楽天市場調べ-詳細)

あとは関常さんの出番あるかな⁉

今日はここまで。

続けて684話レビュー考察は下記クリック下さい‼

次のページ⇒

桓騎大活躍の20巻

キングダム 20巻
created by Rinker

桓騎の初登場は単行本19巻。

戦の天才と恐れられた桓騎の強さがわかるのが20巻。

U-NEXTならお試し登録で、無料でキングダム20巻を読むことができます。

桓騎のことをもっと詳しく知りたい方は、以下のリンクから20巻を無料で読みましょう!

無料でキングダムを読む!

U-NEXTならお試し登録時にもらえる600ポイントで新刊が無料で読めます!

お試し登録すれば、アニメキングダム第三シリーズも31日間見放題!

シリーズ史上最大規模の合従軍との戦いを見たい方は、以下のリンクから⇓

まずは無料トライアル<U-NEXT>

↓無料キャンペーン開催中に是非チェック↓

U-NEXTの解約は、いつでも手続き可能です。

無料トライアル期間中の解約の場合、月額料金は発生致しませんのでご安心ください。

≪以前のネタバレも是非読んでください‼≫

683話 682話 681話

680話 679話 678話 677話 676話

675話 674話💗 673話 672話 671話

670話💗 669話 668話 667話 666話

665話 664話 663話 662話 661話 

660話 659話 658話 657話 656話 

655話 654話 653話 652話 651話

650話 649話 648話 647話💗 646話 

645話 644話 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です