キングダム ネタバレ 最新話速報【第662話】苦戦の理由

12min 

アニメ観るなら<U-NEXT>

キングダム最新コミックもU-NEXTなら1冊まるごと無料で読める



前回を読んでからにする方は⇒661話

前々回を読んでからにする方は⇒660話

キングダム ネタバレ 最新話速報【第662話】苦戦の理由

秦趙攻防戦

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

深い深い無意識の底へと。回復のため、蘇生のため。

 

羌瘣のダメージは大きいのか・・・

昌平君の目論見通り、魏との同盟を成立させた秦。

秦趙国境を巡る攻防は新たな展開へ。

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

魏は什虎を取りこの西の重要地を盤石のものにすべく

そこから韓へ侵攻を始めた。

いよいよ魏は西への領土拡大に動いたのである。

三年という期限つきの同盟国となった秦はこれを静観。

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

逆に魏からの攻撃の憂いがなくなった秦は趙攻めに全力を注ぎ始めた。

魏国方面に張っていた軍が北上し続々とその前線に加わったのだ。

秦はこの三年のうちに王都邯鄲を攻略し趙国を滅ぼそうというのだ。

 

秦魏同盟を聞いた趙は無論その事を理解し北部より大軍を南下させ前線に投入。

秦・趙の前線は凄まじい激戦となった。

進化する二隊

一進一退の攻防が続くこの長く伸びる前線地帯で秦側で攻勢を見せる軍が二つある。

一つは楽華隊

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

趙将 黄司本陣『黄様 金隊が敗れました。紀隊もです。後方軍を呼ばねばここも危うく!』

趙将 黄氏『・・・・・バ・・・バカな楽華の情報は朱海平原の戦いからしっかり入っていた。

蒙恬が将軍になり軍の規模も大きくなったとはいえ・・・これは・・・

我らの想定よりはるかに強い・・・こんな・・・バカな!』

蒙恬『孝隊 左より五百反転して左翼の外から敵に入れ。

空いたところに佳歩兵団を前進。』

蒙恬本陣『陸仙隊 敵二陣突破!

蒙恬『陸仙に伝達。その奥の敵はぶ厚い。

後ろが追いつくまでその場を蹂躙せよ』

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

蒙恬の才能は将軍となり万の兵を指揮することでさらに開花した。

蒙恬『どうした行け』

自軍の兵士たちが蒙恬をほれぼれと見とれるほど💗

ちょっとやばい感じで・・・(笑)

そして趙軍も驚く楽華の進化の理由はもう一つある。

蒙武軍から移籍してきた剛将愛閃の存在である

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

見た目とは裏腹に趙武闘派の信副長愛閃とその兵団の攻撃力は凄まじく

楽華はこれまで唯一不足していると見られていた圧倒的武力を手にしたのである。

そして楽華の他に前線地帯で

火を吹いているもう一つの軍は・・・玉鳳軍

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

王賁も蒙恬同様に万の兵の指揮で戦術の幅が広がり楚の鋭さが増した。

その玉鳳にも強烈な戦線力が加わっていた。

亜光軍から三千騎を率いて蛇行剣の使い手、あの男が移籍

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

王賁本陣『亜花錦の奴めまた命令を無視して深く入って行きます

王賁『いい 奴の手綱はゆるいくらいで丁度いい。

亜花錦が敵を乱す。関常隊に兵を集めろ』

王賁軍伝令『関常様本陣より伝令、敵を一度まとめて敵本陣を狙えと!

関常『亜花錦のせいで展開が早いな 了解・・・

しかし強いな玉鳳は今このまま王翦軍に入っても主力を張れる力がある

・・・・・・・そしてまだまだ強くなるぞこの軍は・・・』

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

正にこの二軍が趙軍の想定以上の活躍を見せ前線を押し込み始めた。

趙はこの二軍のいる場所に援軍を送り続けざるを得なくなった。

悩める飛信隊

一方で趙軍に苦戦を強いられ前線を逆に大きく押し込まれている軍も一つだけあった。

飛信隊である

原泰久『キングダム』第662話から引用

河了貂『歩兵団の力が落ちるのはわかっていたし、

しっかり訓練したつもりだったけど、

実践だとここまでうまくいかなくなるなんて・・・』

信『・・・・しょうがねェ。

やっぱそんだけ松左が抜けた穴はでかかったってことだ

那貴『・・・去亥の方はまだ単体の騎馬隊だったから他で何とか埋められてるが』

我呂『松左は歩兵団の副長だったからな』

竜川『松左の後に副長になった沛浪も頑張ってるけど、

まだ慣れるまでには時間がかかるよ』

竜有『当たり前だ』

尾平『あれ?沛浪は?』

澤圭『ケガをして天幕で休んでいます』

河了貂『最近責任を感じて無茶しすぎてたから・・・』

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

楚水『何だかんだで戦いの主力は数が多い歩兵だ。

このままではまだ苦戦を強いられることに

田有『玉鳳・楽華にますます遅れをとるな・・・

信『歩兵団の力の底上げか・・・』

渕『・・・・・となると若手達のさらなる成長ということになる』

尾平『いや・・・若手達は十分頑張っているよ

これ以上求めるのはちょっと酷だと思う・・・』

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

崇原『尾平の言う通り千斗を中心に若手達は奮戦している。

松左の抜けた穴をあいつらなりに埋めようと必死に

俺が不甲斐なさすぎる・・・・

松左は俺が気づかぬところで色々と仕事をしていたんだ

これほどあいつに助けられているとは思わなかった』

我呂『・・・だから死んだ奴のこと今さら言ってもどーにもなんねーだろーがよ

歩兵の問題は誰か怪物級の助っ人が入りでもしねー限り解決しねー時間がかかる

だが飛信隊の今の不調の原因は歩兵の他にもう一つあるだろ』

尾平・竜有『もう一つ?

我呂『ああ 俺はどっちかっつーとそっちの方が深刻に思ってる

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

我呂『朱海平原で仮死状態だった信を助けて以来あいつは寝てばっかだ。

出陣しても本陣からはうごかねェ。そのせいで羌瘣隊は今そこらのふつうの五千人隊だ。

飛信隊としてはそれもでけェんだよ

信『分かってる我呂。ちょっと俺が羌瘣に会ってくる

羌瘣の容態

原泰久『キングダム』第662話から引用

護衛の制止を振り切り羌瘣の様子を見に行く信。

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

すでに手を握っている信・・・

昔みたいに手を握っても照れたりすることも無い関係に💗

羌瘣『何で手を?』

信『いや・・・ちゃんと生きてんのかなってな

あと お前が何か命を分けてどーのこーのってなったからよ

羌瘣 お前一体どーなっちまったんだよ』

羌瘣『・・・・・・もう少しだ。大丈夫』

信『大丈夫じゃねェだろ。おまえは何か俺のせいでっ』

羌瘣『うん お前に禁術を使って気の流れとかを伝える大事な線みたいなものが何本も切断された。

深い瞑想をしてずっとそれらをつなぎ直しているところだ。

もうすぐ終わる。隊に迷惑かけて悪いと思ってるがこっちの方が結果早い』

信『・・・・それで前みたいに戻るのか』

羌瘣『・・・・・どうかな』

原泰久『キングダム』第662話から引用

飛信隊伝令『失礼します隊長。敵が動いて来たと河了貂がすぐ本陣に戻れと

羌瘣『私も行く』

原泰久『キングダム』第662話から引用

そして羌瘣、また回復のための眠りにつきます・・・・

原泰久『キングダム』第662話から引用

羌瘣の蘇生に向けた眠りを妨げる影が・・・・

原泰久『キングダム』第662話から引用

忍び寄る影は何者⁉

原泰久『キングダム』第662話から引用

 

意識下をさまよう羌瘣の心に浮かび上がる影。

その予感が意味するものとは・・・⁉

次号、羌瘣の身に迫るものとは・・・⁉ で終了

≪以前のネタバレも是非読んでください‼≫

661話 

660話 659話 658話 657話 656話 

655話 654話 653話 652話 651話

650話 649話 648話 647話💗 646話 

645話 644話 

桓騎大活躍の20巻

キングダム (20) 原泰久
created by Rinker

桓騎の初登場は単行本19巻。

戦の天才と恐れられた桓騎の強さがわかるのが20巻。

U-NEXTならお試し登録で、無料でキングダム20巻を読むことができます。

桓騎のことをもっと詳しく知りたい方は、以下のリンクから20巻を無料で読みましょう!

無料でキングダムを読む!

U-NEXTならお試し登録時にもらえる600ポイントで新刊が無料で読めます!

お試し登録すれば、アニメキングダム第三シリーズも31日間見放題!

シリーズ史上最大規模の合従軍との戦いを見たい方は、以下のリンクから⇓

まずは無料トライアル<U-NEXT>

↓無料キャンペーン開催中に是非チェック↓

U-NEXTの解約は、いつでも手続き可能です。

無料トライアル期間中の解約の場合、月額料金は発生しませんのでご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です