キングダム ネタバレ 【第671話 任命の儀】 レビュー考察

13min 

【第671話】の予測・考察、最新話速報を読んでからにする方は下記クリック下さい‼

キングダム ネタバレ 予測・考察【第671話】新六大将軍は誰の手に!?騰と楊端和次第

キングダム ネタバレ 最新話速報【第671話】任命の儀

キングダム ネタバレ 【671話】任命の儀 レビュー考察

造形師に作らせるものって?

紀元前233年、嬴政王からとうとう六大将軍の復活が告げられた。

モブ文官の皆さんも忙しくなるとか心の中でつぶやいていたが・・・

本当に忙しいのは、昌平君・昌文君の親戚コンビなんじゃないのかな💦

それでもって気になったのは、このシーン

原泰久『キングダム』第671話から引用

 

嬴政王『昌文君

昌文君『ハ!』

嬴政王『腕のいい造形師を探してくれ

造ってもらいたいものがある』

昌文君『⁉』

造形師でまず思いつくところでは、

六将の像でも建立させるのか⁉

原泰久 『キングダム』第2巻から引用

 

懐かしいところでこのシーンも頭に浮かんだが・・・

王騎はもう亡くなってるし・・・龍と仏像・・・

全くもってつながりそうもない為可能性低め。

 

可能性があるとすれば、

昭王と旧六将を祭る像を作らせる。

新六将の像を作らせるにはまだ早いだろう。

次にこれもありかなと思ったのが、

ツイッターで兵馬俑の意見。

うんうんとその時は思ったのですが、

壮大な構想を前に死んだあと寂しくないように

兵馬俑造っていくにはまだ早いのかな💦

しかし始皇帝は生前から壮大な墓と兵馬俑を作らせたことも史実にあり可能性はなくもない。

 

次に思いついたのが趙の大天旗を模した、

六将旗

原泰久『キングダム』第15巻から引用

 

士気を上げる道具としても有効な六将旗‼

原泰久『キングダム』第15巻から引用

 

『ではこちらも六将旗を』

王騎『そんなものはありませんよォ騰 ココココ』

 

こんな会話もあったので六大将軍復活を機に作られても違和感はない。

最後に考えたのが、

六大将軍の甲冑を新調するのでは⁉

原泰久『キングダム』第1巻から引用

 

こんな風な感じで、李信が六大将軍に入った際には、このコマが再現されるであろうと考え、その布石として、新六大将軍にキラキラの豪華絢爛な甲冑というステータスが与えられる。

しかし『造形師』という言葉の意味を考えると・・・

フィギュアとか模型を造形するクリエイティブなイメージ。

  • 昭王とレジェンド六大将軍を祭る像
  • 六大将軍甲冑新調
  • 六将旗
  • 兵馬俑

そう考えると昭王時代のレジェンド六将のでっかい像を作らせてお披露目する、もしくは新六将の甲冑を新調するが有力かな。

六将旗は『造形師』がつくるにはちょっと意味合いが異なるので可能性低めと考えます。

兵馬俑はもう少し先のことかな・・・。

 

もう一つ⇓造形師につくらせるもの予想しました⇓

造形師に作らせるもの? 追記

王賁には強いライバル目線(笑)

戦の最前線にも、蒙恬により六大将軍復活の知らせは届けられた。

原泰久『キングダム』第671話から引用

 

李信『なっ・・・なっ・・・なっ・・・

❝六大将軍❞が復活するだとォ⁉

羌瘣と李信はというと

💗告白💗以来すっかりぎこちない関係に💧

なったことも描かれています。

俺が俺が俺がの信だから・・・

任命式に『俺呼ばれてないねーよ』💧

残念ながら任命式に呼ばれていないイコール六大将軍の落選

を意味することを蒙恬から告げられ

『バカバカバカ おバカ💗』扱いの李信。

でも李信の興味は王賁は任命式に呼ばれたのか?

蒙恬『ちゃんと前線にいるよ』(笑)

李信『カカカカ ならまー許すか

あいつ(王賁)が先に六将にでもなったら

政の奴をぶっ飛ばさねーといけねェからな

尾平『何てこというんだ お前💧』

いくら心を許す李信と嬴政の間柄とはいえ、

政をぶっ飛ばすは行き過ぎと思う尾平のきもちはわかる(笑)

しかし王賁に対しての李信のライバル視はもっと本気💦

六大将軍の最大の特権

すっかり天然キャラ復活の羌礼が復活?って禁術みたいに誰か生き返ったのか?

すると李信が『バカか そんなにポンポン人が生き返るか 六将は制度だ

と答えますが、天然キャラ羌礼は????ポカンとなる。

蚩尤になったが、おつむが天然すぎて羌瘣のおもちゃとなるであろうことも確定かな(笑)

 

おバカ同士(李信と羌礼)いや本能型同士💦

が話していても、進展しないので河了貂が解説してくれます。

河了貂『六大将軍っていう特別な制度だよ

三代前の王様がつくったもので死後その制度もなくなったんだけど

現秦王の政が復活させるんだ

六将に選ばれた大将軍達にはこれまでになかった様々な特権が与えられる。

その最大の特権というのが

原泰久『キングダム』第671話から引

 

❝戦争の自由❞

これで現場で大きな展開をするときに

戦況の変化に応じて、本営の許可なく独断で戦いを展開することを許された。

 

 

河了貂『でも・・・諸刃の剣だよ 本当にそれは』

 

数十万の兵を率いる大将軍の判断で本営の指示を仰がずに大局を動かせることは魅力だけど、

ついて回るリスクとして謀反の恐れがあると河了貂。

大将軍と昭王の間には鉄の忠誠心があったからこそ成立した制度。

 

蒙恬『本営も十分承知さ それでも六国制覇のためには今必要だと判断した』

二人のやり取りを見ていた李信ですが・・・

二人とは興味の場所が凡人、いや本能型武将

李信『うるせェ 

今はそんなことはどうでもいい 

それより大事なのは

 

原泰久『キングダム』第671話から引

 

一体誰が六大将軍に選ばれたかだ

 

尾平『たったしかに・・・』

任命の儀

◆234年年始早々咸陽では

原泰久『キングダム』第671話から引

 

まず四人の六大将軍の足元が映し出される💦

 

左下から桓騎

その上が騰

真ん中が王翦

右端が蒙武

 

ある意味これからの活躍中心は王翦になる事を示唆しているのかな☆

桓騎が左下の小さいコマに収まったのも気になる。

任命式場には銅鑼の音が響き渡り、嬴政王が入場。

原泰久『キングダム』第671話から引

 

嬴政王『今日この日秦国にとって大事な節目の日となる。

かつて昭王が作った 特異な古法を復活させるからだ

 

白起 王齕 胡傷 司馬錯 王騎 

 

レジェンド❝六大将軍❞のおかげで秦国は大いに領土拡大。

また現在六国制覇の苛烈な戦いの時を迎え

 

再びこの制度が必要であると信じる。

原泰久『キングダム』第671話から引

まずは

原泰久『キングダム』第671話から引

続いて❝第二将❞

原泰久『キングダム』第671話から引

続いて

原泰久『キングダム』第671話から引

原泰久『キングダム』第671話から引

一同『・・・・・・あと一人・・・・・・』

原泰久『キングダム』第671話から引

騰と楊端和が選ばれたことによって、蒙恬・王賁・李信の

昇格はなかったものの順当に選ばれた。

私の6人目の予測は ⇓ 先週しておりますのでご確認ください。⇓

予測・考察【第671話】新六大将軍は誰の手に!?騰と楊端和次第

我ながら、なかなかいい線行ってると思います‼

 

続けて672話の予想は下記クリック下さい‼

次のページ⇒

≪これまでの予想・考察も是非読んでください‼≫

予測・考察第671話 予測・考察第670話

予測・考察第669話 予測・考察第668話

予測・考察第667話 予測・考察第666話

予測・考察第665話 予測・考察第664話

予測・考察第663話 予測・考察第662話

予測・考察第661話 予測・考察第660話

予測・考察第659話 予測・考察第658話

予測・考察第657話 予測・考察第656話

予測・考察第655話 予測・考察第654話

予測・考察第653話 予測・考察第652話

予測・考察第651話 予測・考察第650話

予測・考察第649話 予測・考察第648話

予測・考察第647話 予測・考察第646話

予測・考察第645話 予測・考察第644話

≪これまでのネタバレ速報も是非読んでください‼≫ 

670話💗 669話 668話 667話 666話

665話 664話 663話 662話 661話 

660話 659話 658話 657話 656話 

655話 654話 653話 652話 651話

650話 649話 648話 647話💗 646話 

645話 644話 

桓騎大活躍の20巻

キングダム (20) 原泰久
created by Rinker

桓騎の初登場は単行本19巻。

戦の天才と恐れられた桓騎の強さがわかるのが20巻。

U-NEXTならお試し登録で、無料でキングダム20巻を読むことができます。

桓騎のことをもっと詳しく知りたい方は、以下のリンクから20巻を無料で読みましょう!

無料でキングダムを読む!

U-NEXTならお試し登録時にもらえる600ポイントで新刊が無料で読めます!

お試し登録すれば、アニメキングダム第三シリーズも31日間見放題!

シリーズ史上最大規模の合従軍との戦いを見たい方は、以下のリンクから⇓

まずは無料トライアル<U-NEXT>

↓無料キャンペーン開催中に是非チェック↓

U-NEXTの解約は、いつでも手続き可能です。

無料トライアル期間中の解約の場合、月額料金は発生しませんので安心してお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です