キングダム ネタバレ 予想・考察【第660話】『蒙武を呼んで来い』

9min 

アニメ観るなら<U-NEXT>

キングダム新コミックも600円分無料で読める

⇒ネタバレ予測・考察第659話

⇒ネタバレ予測・考察第658話

予測・考察

◆まずは考察からですが、騰が寿胡王をファルしないと前回予想。

予想通り、寿胡王は目を見るだけでも、無抵抗、命乞いするわけでも、戦闘意思を示すわけでもなく、騰と目線をあわし、煮るなり焼くなり好きなようにせーとでもいう、冷たい目線を送る。そしてあっけなく楚軍本陣を騰は陥落させる。

秦魏同盟軍のそれぞれの本陣で、勝ち鬨をあげるよう呉鳳明と蒙毅に側近から声がかかる。そして二人の号令の下戦場全体に勝ち鬨が響いた。

勝ち鬨とは戦で勝利を収めたときの戦場で上げる声で、 士気を高める目的で多数の人が一緒に叫ぶ声のことですが、敗戦相手を威嚇し戦闘意欲をなくす行為でもあります。日本では士気を高める『えいえい・おー』とかがメジャーですね。

蒙毅は側近に『蒙毅っ!』と呼ばれ、呉鳳明は『呉鳳明様』と呼ばれ明らかに部下からの信頼が呼び方にも表れ、落ち着いた呉鳳明にたいして、汗びっしょりの蒙毅・・・本当に何にもしないうちに終わっちゃいました。本人も初陣で結果は残せたが、歴然たる実力差を実感しているところでしょう。三年間は呉鳳明と戦うことが無いことは救いであり、蒙毅には実力差を埋める経験を積んでほしいところです。

しかし戦場には秦魏同盟軍の勝利が伝わり、勝ち鬨の意味通り楚軍は敗北を認めざるを得ない結果となる。

この状況下においても騰と呉鳳明は什虎三将が健在であることで警戒を解かない表情。

玄右は配下の兵にこのまま戦闘継続を求められますが、バカを言え全軍撤退城へ戻る、白麗・項翼にも逃げ遅れたら置いて行くと冷静な意思表示をします。それを聞いた白麗は守城戦に切り替えるのかと気持ちを切り替える。

玄右は最初存在感の低いキャラになると思いましたが、一番まともな判断ができる将でした。敗戦処理も玄右の役回りになりそうですね。

千斗雲は部下にいろいろ言われますが『あーあつまんねーつまんねー』といつも通り。龍范兵に逃がさぬと言われますが全員の首をきれいにはねて、死に場所を探していたがまた生き残っちまったと、昔の〇〇卓球部のキャラ的な表情。

満羽は次までそのままでいろと引き返そうとするが、貴様に次は無いと襲いかかる蒙武を再び下馬させそうに一撃をくらわす‼

そして次に会う日まで背負っているものを失くしていないことを願うぞと意味深な発言。そして、満羽も撤退。

これを見た秦軍本陣は勝利を確信するが、蒙毅だけは什虎城を落とすことが目的だといいます。軍師さすがです。と思ったら・・・魏軍別動隊が什虎城を落としたと伝令がはいって、またも蒙毅さんの顔芸で驚きを表現💧呉鳳明さんの用意周到さが際立ちます。

しかしこうなると、項翼・白麗は文句言いながら媧燐姉さんのところに戻ってこっぴどく怒られるでしょうが・・・

什虎カルテットはどこに戻るのか?

魏軍呉鳳明はさーすがですーとばかりに側近に褒められますが、浮かない顔で撤退する楚軍を見つめている。

原泰久『キングダム』第652話から引用

 

楚軍の背を追わないの?

 

すりつぶさないの?

 

意外と優しい呉鳳明というのが率直な感想です。

録鳴未がやってやったぜとばかりにドヤ顔で登場しますが、冷静な騰に魏軍の助攻が無ければ危うかったと言われても、無くても勝っていたと上から被せてきます。おもむろに騰の後ろに拘束されたネジ頭の寿胡王おじいさんを見て

『何で生かしてる』?

録鳴未は騰にお前と違って見境なく誰でも殺すわけじゃない、無抵抗だったのでと説明。録鳴未は誰かれ構わずじゃねェよ!(笑)

さらに騰は寿胡王を捉えたのは、什虎軍が楚軍とは毛色が違い過ぎる。

『什虎の秘密』を聞きたいと、麃公さんみたいに相手を知りたいと・・・・

寿胡王がお前達もそうだが蒙武を呼んできたら什虎と満羽のことを話してやる、むしろ蒙武には聞く必要があると意味深な言い方をして終了。

 

◆ここからは予測に入りますが、この什虎の戦は廉頗対蒙驁の山陽攻略戦といくつか共通点があります。

①主攻と助攻を駆使した戦い。 

②近隣諸国にとっては喉から手が出るほどの要地攻略戦。

③敵国には優秀な軍師。

④敵国は廉頗四天王・什虎カルテットと4人が主力の戦い。

⑤最初に敵国軍師が討ち取られるもしくは拘束される。

⑥本陣を落とされて、抵抗せずに撤退を選ぶ。

⑦敗軍の将には戦に対する、秘められた思いがある。

こうした共通点があり、次回は⑦の敗軍の将満羽について、寿胡王おじいさんが昔話をして、什虎の秘密を話す展開となるでしょう。

概ね皆さん頭に描く通り、昌平君が裏切ることの伏線として、満羽も心から気持ちを許した竹馬の友がいたが裏切られたくらいの話がされると思うのですが、また次に会う時は背負っているものを失くしていないことを願うぞと言い残すくらいですから、いつか対戦するとなると、前週予想した秦への亡命説はここで断たれました。これからの什虎軍の展開としては

①守る城はないけれど什虎奪還戦

②楚国の別の城に敗走

③魏に亡命

④その他の国に亡命 の四択に絞られると思います。

面白いなと感じるストーリーとしては・・・『什虎の秘密』という満羽を裏切ったのが、昌平君・項燕のいずれかであったりすると点と点が線で結ばれると思います。項燕が昌平君を楚王に擁立する最後の下りがありますが、それを倒すのが史実では王翦と蒙武。最後の戦いの地に悲しき竹馬の友との戦いプラス虚無であった満羽が昌平君もしくは項燕を背負って、蒙武は背負っているものを失う立場として戦うとか考えると、ストリーはさらに面白いなと思います。そうするとこれから昌平君のヒールとしての立場も立てやすいですし、寿胡王が蒙武を呼んで来いと言うのも納得できます。

やっぱり②の別のエリアに敗走するというのが什虎軍の今後としては可能性が高いと感じます。

個人的には昌平君をヒールにするのは胸が痛い気がしますが・・・

山陽攻防戦では敗戦の将廉頗が偉そうに、蒙武に対して和睦じゃーと言うシーンがありますが、これも満羽が被せてくるとすると、完全に山陽攻略戦を模した戦いの位置づけとなると勝手に思う次第です。ここは妄想強めです(笑)

ある程度は予測通りの進み方ですが、寿胡王がどのような昔話をするのか、什虎城内で袁比が顔出ししてくれるのか楽しみです‼

 

≪その他のネタバレ予想・考察も読んでください‼≫

⇒ネタバレ予測・考察第659話

⇒ネタバレ予測・考察第658話

⇒ネタバレ予測・考察第657話

⇒ネタバレ予測・考察第656話

⇒ネタバレ予測・考察第655話

⇒ネタバレ予測・考察第654話

⇒ネタバレ予測・考察第653話

⇒ネタバレ予測・考察第652話

⇒ネタバレ予測・考察第651話

⇒ネタバレ予測・考察第650話

⇒ネタバレ予測・考察第649話

⇒ネタバレ予測・考察第648話

⇒ネタバレ予測・考察第647話

⇒ネタバレ予測・考察第646話

⇒ネタバレ予測・考察第645話

⇒ネタバレ予測・考察第644話

キングダム ネタバレ 最新話速報【第659話】什虎城陥落‼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です